FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンパ腫がわかるまで その4




随分と間が空きましたが、思い出しながら記して行きます。


2011年7月19日

検査していただいた動物病院は、

重症患者は院長先生が必ず見る事になってる。

前回病院へ行ったときには、

院長不在だったためお会いしてなかった。



そして運命の。。この日の夜に電話が鳴り、

外部に出してた病理検査の結果を院長自ら知らせてくださった。


心臓バクバクしながら聞いたのは、


リンパ腫 Bーセル 低分化型」という言葉。



リンパ腫を疑ったときから自分なりに調べてたので

これがどうゆう事か。。言葉を飲み込んだ。

電話が終わった後、ショックで涙ぐむ私をココアは不思議そうに見ていた。

どうか違って欲しいという願いはあっけなく崩れ去ったのでした。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。